Sound Heaven ~イヤホンとかヘッドホンとか色々~

 

USB31-640x353


1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/05/02(月) 21:44:11.26 ID:CAP
http://www.gizmodo.jp/2016/04/intel_usb_type-c_1.html

アナログとの訣別…。
あらゆるポートを廃し、USB Type-Cに一本化する未来は本当にやってくるのでしょうか?
この流れにいち早く乗ったMacBookには、USB Type-Cポートとイヤフォンジャックのみが装備される大胆な仕様が採用され
旧型の接続ポートを望むユーザーからは不満の声も上がっていましたよね。しかしながら、唯一残っていたイヤフォンジャックまで、
USB Type-Cポートに統合される日が間近に迫っているようですよ。

このほど中国の深センで開催されたIDF(Intel Developer Forum)におきまして、Intelは、USB Audio Device Class 2.0の仕様をアップデートし、
USB Type-Cポートをオーディオコネクターとして活用するプランについて説明。ヘッドセットやイヤフォンの接続に用いられてきた、
おなじみの3.5mmのミニジャックが廃止され、USB Type-Cポートのみでまかなう方針についてのプレゼンテーションが実施されましたよ。

懐かしいパラレルポートやシリアルポートなどなど、コンピューターの進化に合わせて姿を消していったポート類は数知れません。
でも、不思議なことに、イヤフォンジャックだけは、いまも変わらずアナログオーディオのインターフェースなのに残り続けています。
1878年に登場したときは、6.35mmジャックとして姿を現わしました。その後、ジャックの形状こそ現行の3.5mmジャックに変更されたものの、
基本的なオーディオポートとしての仕様は、100年以上も維持されてきたんだとか。

ところが、USB Type-Cポートでのオーディオシグナル出力へと移行して、イヤフォンジャックが完全廃止されるならば、
単にポートの統合以上の魅力があると指摘されています。音質を格段に向上させ、ヘッドセットやイヤフォンへの
電源供給までUSB Type-Cポートから可能になりますよね。そして、なによりもイヤフォンジャックのために
電子機器本体でスペースを確保する必要がなくなり、さらなるスリム化や本体バッテリーのスペックアップなども進むとされていますね。

ちなみに、イヤフォンジャックを廃する試みは、過去に何度も行なわれてきました。たとえば、Motorolaは、いわゆる
ガラケーことフィーチャーフォンにminiUSBポートを装備し、充電、データ転送、イヤフォンジャックの3役を、
すべてminiUSBポートのみでまかなう仕様にチャレンジ。そのアイデアはよかったものの、残念ながら、
miniUSBポート接続タイプのヘッドセットやイヤフォンなどが出そろわず、ほとんど普及しないまま姿を消していったといわれています。

とはいえ、まだ噂の段階ではあるものの、AppleもUSB Type-Cポートへの完全移行に乗り気のようで、
将来のiPhoneには、イヤフォンジャックもLightningポートも装備されず、USB Type-Cポートに一本化される可能性まで伝えられてきました。
今度こそ本当にイヤフォンジャックとお別れしなければならない時代がやってきそうですよね?。

引用元http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1462193051/




続きを読む!(`・ω・´)シャキーン

141index


1: 名無しさん@お腹いっぱい。(ワッチョイ 9f9f-ppXo) 2016/04/02(土) 22:01:10.61 ID:cqCWn24O0.net
過去スレ
ハイレゾ音源について語るべ
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/wm/1388901530/

引用元 http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1459602070/




続きを読む!(`・ω・´)シャキーン

main_highreso_jeita


1: 1級神2種非限定φ ★ 2016/04/30(土) 00:36:36.09 ID:CAP_USER.net
高級価格帯のヘッドホン・イヤホン利用率は「ソニー」製が最も高い比率を占めていることが、
1万円以上の製品購入者600人を対象としたBCNの調査で明らかになった。高級志向のユーザーは音質にこだわる人が多く、
「ハイレゾ」にも強い関心を持っていることもわかった。

調査は2015年12月25日から3日間、

3年以内に1万円以上のヘッドホン・イヤホンを購入した人を対象にインターネットで実施。
回答者の性別は、男性が8割、女性が2割。年代別では、30代が24.8%と最も高かった。
購入先は、店頭とネットがきっ抗した。

ヘッドホン・イヤホンメーカーの所有率は、「ソニー」が29.0%で首位。
2位は「ボーズ」の21.5%で、3位は「オーディオテクニカ」の9.2%だった。

「ソニー」については、全体の63.5%が「今までに購入したことがある」と回答。
他の2社の製品を選んだ人が購入の際に比較したメーカーとしても最高の割合で、市場での存在感が際立った。

注目のハイレゾは、41.0%が「概要は知っている」と回答し、
「詳しく理解している」が28.0%。合計すると約7割が認知していることが分かった。
ハイレゾ音源の所有率は4割弱となったが、ユーザーの70%近くが「興味がある」と答えており、曲の価格や対応製品の状況によって今後、
さらに普及する可能性がある。

また、購入時に重視したポイントは「音質」が76.8%とトップとなり、2番目の「装着感」に約2倍の差をつけた。接続機器は「スマートフォン」が約半数で、
「ノートパソコン」が続く。製品の活用場所は、「自分の部屋」が6割に迫る勢いを示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160428-00000011-bcn-sci

引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1461944196/




続きを読む!(`・ω・´)シャキーン

copyright©2013 Sound Heaven ~イヤホンとかヘッドホンとか色々~ all rights reserved.